言葉の皮を剥きながら 岩倉具視

永井 路子

2008年2月28日

文藝春秋

1,676円(税込)

小説・エッセイ

下級公家がいかに権力の中枢にのし上がっていったのかー構想四十余年。歴史の“虚”を剥ぎながら、卓越した分析力と溢れる好奇心で、真摯に史料と対峙し続けた評伝の最高峰。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください