夏のくじら

大崎 梢

2008年8月11日

文藝春秋

1,780円(税込)

小説・エッセイ

都会から高知にやってきた大学生・篤史は、従兄弟から強引に本場・よさこい祭りに誘われる。衣装、振り付け、地方車、鳴子。六年ぶりに復活する町内会チームは、どこよりも熱い。南国高知、真夏の風は、空から海へと吹き抜ける。一途な思いを秘めて、踊る青春群像。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar 3

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

14

未指定

33

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

starstarstar
3.0
0
2020年01月16日

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2019年01月05日

青春! って感じなんですかね・・・ 遠い遠い昔のことですね・・・

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください