運命の人(二)

山崎 豊子

2009年4月27日

文藝春秋

1,676円(税込)

小説・エッセイ

「弓成亮太、逮捕する!」ペンを折られ苦悩する弓成、スキャンダル記事に心を乱す妻・由里子。夫婦の溝は深まり、子どもたちも動揺を見せ始めた時、大野木正を中心とする弁護団の真摯な励ましが二人を支えた。そしてついに、初公判の朝が訪れた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.23

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

16

未指定

15

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください