運命の八月十五日 日本のいちばん長い日 〈決定版〉

半藤 一利

1995年6月23日

文藝春秋

1,728円(税込)

人文・思想・社会

「聖断」に従い和平への努力を続ける人々と、徹底抗戦を主張して蹶起せんとした青年将校たちー。そのあまりにも対照的な動きこそ、この一日の長さを象徴するものであった。昭和二十年八月十五日正午に至る一昼夜に繰り広げられた二十四幕の人間ドラマ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.2

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください