天安門文書

張良 / 山田耕介

2001年11月30日

文藝春秋

2,828円(税込)

人文・思想・社会

趙紫陽総書記の解任、戒厳令の発令、江沢民の後継指名、そして「血の弾圧」…当時の指導者たちはどんな議論をし、誰が最終決断を下したのか?長老たちの息遣いまで聞こえてきそうな“密室の会話”をスッパ抜き、中国政府はもとより世界を震撼させた極秘文書の全訳。中国現代史に汚点を残した一九八九年の天安門事件の全貌を知るための第一級資料。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください