素数ゼミの謎

吉村仁 / 石森愛彦

2005年7月13日

文藝春秋

1,650円(税込)

科学・技術

アメリカに、13年、あるいは17年に一度だけ何億匹も大量発生し、数週間だけ凄い声で鳴き交わして死んでゆく、へんてこなセミがいます。どうしてそんなに長い間地中にいるの?13年と17年なのはなぜ?日本人の科学者が初めて解いた、奇妙な「素数ゼミ」の秘密。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.25

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

22

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2020年04月20日

NHKテレビ番組「爆問学問」で関心を持ったことから本購入。しかしこの本は小中学生でも読めるように書いてある簡易版だった。ただ真実というものはシンプルなものであり、この簡易版でも素数ゼミの面白さは十分に堪能できる。細かい部分での疑問、解説はこの本では少し物足りない、十分ではないと感じた部分があるため、別本「素数ゼミの秘密に迫る!」と同教授が著した本を購入する。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください