コンニャク屋漂流記

星野 博美

2011年7月21日

文藝春秋

2,200円(税込)

人文・思想・社会

先祖は江戸時代、紀州から房総半島へ渡った漁師、屋号はなぜか「コンニャク屋」。東京・五反田から房総半島、そして和歌山へールーツを探して右往左往、時空を超える珍道中。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar 3

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

159

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください