永遠者

辻 仁成

2012年10月12日

文藝春秋

1,760円(税込)

小説・エッセイ

一八九九年末のパリ、若き日本人外交官コウヤは踊り子カミーユと出会い、恋に落ちる。こノ世のものとは思えない彼女の存在に溺れ、飽くことなく互いを貪り合う日々。結婚をしたいと言うコウヤに、「“儀式”を通過すれば、貴方は永遠に私を愛することが出来るのよ」とカミーユは囁く。新しい世紀の幕開けと共に、二人の果てのない愛の彷徨がはじまるー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください