名もなき日々を 髪結い伊三次捕物余話

宇江佐 真理

2013年11月30日

文藝春秋

1,683円(税込)

小説・エッセイ

伊三次とお文に支えられ、絵師修業を続ける息子の伊与太。一方、女中奉公に出た茜の運命は、大きく動きはじめ…「家族」の意味を問いかける、人気シリーズ第12弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.6

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください