ターミナルタウン

三崎 亜記

2014年1月15日

文藝春秋

1,870円(税込)

小説・エッセイ

「影」を失った男。闇を浴びて育つ「隧道」。見えないけれど「ある」ことにされているタワー。五百人以上を乗せて、姿を消した「下り451列車」。町興しを手掛ける「接続会社」の思惑。様々な問題を抱え込んだまま、静原町に大きなうねりがやってくる。誰よりも緻密に「架空」を描く著者による、待望の長編小説!!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

5

未読

1

読書中

0

既読

13

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください