火花

又吉 直樹

2015年3月11日

文藝春秋

1,320円(税込)

小説・エッセイ

お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。彼らの人生はどう変転していくのか。人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(157

starstarstar
star
3.19

読みたい

42

未読

98

読書中

25

既読

1041

未指定

966

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

--
0
2020年01月16日

みんなのレビュー (10)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2017年12月21日

日常会話が面白い 芸人の苦悩、売れる売れないの裏側が精緻に描かれている p.39 通常のことを言うのがボケってことはもはや通常狂ってるってことですからね 完全殺人をどのチームで達成できるか。 p.42 p.57 好きな食べ物なんや。 焼肉です。 ちゃうやん、好きな食べ物なんや 鍋です なべ? あんたなべ食べんの? 偉い丈夫な歯してはんねんな いや違いますやん p.66東京には全員他人の夜がある p.68クレジットカードを魔法と呼んだ p.92マキさんに手を引かれるあの少年は世界で最も幸せになる p.104初めてあった時は4歳差やったけど、今でも四歳差であることに驚いています。 p.130自分が考えたことで誰も笑わない恐怖を

全部を表示

Readeeユーザー

うーん

starstar
star
2.4 2022年10月05日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

ドクショ

(無題)

star 1.0 2022年07月09日

 肝心の漫才のシーンが笑えない。漫才のあり方がテーマと思って読んだので、ウーンてなった。

全部を表示

(無題)

starstarstar
star
3.5 2021年12月26日

 火花のようにその瞬間を一生懸命生きることの大切さ、その生きた経験は大切になることを気づいた。 <心に残った文章> ・気づいているか、いないかだけで、人間はみんな漫才師である。という理論は狂っていると理解しながらも妙に僕を落ち着かせてくれるのだった。 ・もし、世界に漫才師が自分だけやったら、こんなにも頑張ったかなと思う時あんねん。周りに凄い奴がいっぱいいたから、そいつ等がやってないこととか、そいつ等の続きとかを俺達は考えてこれたわけやろ?ほんなら、もう共同作業みたいなもんやん。同世代で売れるのは一握りかもしれへん。でも、周りと比較されて独自のものを生み出したり、淘汰されたりするわけやろ。この壮大な大会には勝ち負けがちゃんとある。だから面白いねん。でもな、淘汰された奴等の存在って、絶対に無駄じゃないねん。やらんかったらよかったて思う奴もいてるかもしれんけど、例えば優勝したコンビ以外はやらん方がよかったんかって言うたら絶対そんなことないやん。一組だけしかおらんかったら、絶対にそんな面白くなってないと思うで。だから、一回でも舞台に立った奴は絶対に必要やってん。ほんで、全ての芸人には、そいつ等を芸人でおらしてくれる人がいてんねん。家族かもしれへんし、恋人かもしれへん。絶対に全員必要やってん。

全部を表示

もゆ

(無題)

starstar
star
2.8 2021年04月11日

師匠、人間性えぐる話してくる めっちゃ応援したくなるふたりだった

全部を表示

紫陽花

(無題)

starstarstar
star
3.3 2021年01月17日

芸人の話ひとつなのに、これだけの表現ができるのかと驚いた。

全部を表示

Hayabusa

生きてるって感じ

-- 2019年06月12日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Readeeユーザー

(無題)

starstar
star
2.3 2019年06月10日

今更の「火花」である。なぜ今更なのか?それは「芥川賞受賞作は読まない」と決めていたからである。それにも関わらず読み始めたのは、何故か。やはりこれだけの話題作は外すわけにはいかない、と思い直したからである。同様の例外はこれまでに村田沙耶香の「コンビニ人間」のみである。これは例外扱いにして良かった。面白かったからである。 さて、それでは本作を例外扱いにしたのがよかったのかどうか。結論は、最後まで自分を信じるべきであった、との感を再確認した次第だ。お笑い芸人が純文学作品を執筆した。そして、それが芥川賞を受賞した。その話題性から逸脱するものではなかった。しかし、200万部を超える大ベストセラーとなったのだから、文藝春秋社の思惑は大成功であったろう。文春が版元で芥川賞の勧進元も文春では、自作自演でベストセラーを仕組んだと批判されても仕方なかろう。 それでも、ひとつだけ収穫があったとすれば、それは「芸人とは社会的にどういう存在か」との問いに正面から向き合えた事だ。身近な例を挙げると、テレビのコメンテーターに芸人が起用されている。それ自体は全く問題ないのだが、要はコメントの内容である。常識的というか世間の大多数の良識派に自らの立ち位置を置いた発言ばかりである。これには、違和感を覚えてしまう。何も芸人は、政治や社会問題に発言すべきでは無い、と言っているのでは無い。芸人のスタンスは、本来どんなに深刻なテーマでも、茶化して毒のある笑いに変えてしまうところにあるはずだ。芸人がご立派な説を宣ってどうするのよ!って言いたい。本書に登場する神谷から、そんな事を考えた。

全部を表示

Readeeユーザー

やっと読んだ話題作

starstarstar 3.0 2019年04月27日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Readeeユーザー

(無題)

starstar
star
2.7

読みやすかった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください