わずか一しずくの血

連城 三紀彦

2016年9月15日

文藝春秋

1,760円(税込)

小説・エッセイ

一年以上前に失踪した妻から、突然かかってきた電話。「自分が出ているから」と指示されテレビをつけると、そこには白骨化した左脚が発見されたというニュースが流れていた。妻は生きているのか?電話がかかってきた意味とは?壮大なスケールで繰り広げられる超絶ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstar
star
2.28

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

29

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください