晴れの日には 藍千堂菓子噺

田牧 大和

2016年6月20日

文藝春秋

1,650円(税込)

小説・エッセイ

“菓子莫迦”の兄・晴太郎が恋をした。しかし、そのお相手はーおっとりした菓子職人の晴太郎と、商才に長けたしっかり者の幸次郎。兄弟が営む江戸の菓子司「藍千堂」に今日も難問が降りかかる。「藍千堂」シリーズ第2弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstarstar 4

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

40

未指定

19

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください