修羅の都

伊東 潤

2018年2月22日

文藝春秋

2,035円(税込)

小説・エッセイ

武士の世をつくる!すべてを犠牲にして進む、頼朝と政子。肉親との断絶、権力者の孤独。その時、頼朝に何が起こったのかー?『吾妻鏡』空白の四年間に迫る圧巻のラスト!感動長編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(11

starstarstar
star
3.91

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

103

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

途中でやめた

star
star
1.1 2023年04月17日

はる

starstarstarstarstar 5.0 2021年01月20日

前半は頼朝らしい権謀術数であり、晩年は謎とされていることもボケなどで書かれていて、こんな感じだなあと思いました。栄枯盛衰。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください