安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由

相澤 冬樹

2018年12月13日

文藝春秋

1,650円(税込)

人文・思想・社会

「森友事件」の原稿から、消される「安倍官邸とのつながり」。NHKでも検察でも東京vs.大阪のせめぎ合いが続く中、特ダネをつかんだ記者が異動を命じられた!政権を揺るがす疑惑と巨大組織内に強まる圧力ーその狭間で最後まで戦い続けた男の渾身のノンフィクション。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(10

starstarstar
star
3.77

読みたい

7

未読

5

読書中

3

既読

45

未指定

51

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

長江貴士

書店員

政治について積極的に語る社会の方が、健全だと思う

--
1
2020年05月14日

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

面白かったです。が

starstarstar 3.0 2019年02月09日

ネタとしては面白かったです。書かれていることは真実なんだなあ、と思い、他の安倍総理絡みの本も読んだので、やっぱり日本をこの人に任せていていいのかと思いながら読みましたが、途中からこの方の書き方の特徴が鼻について読むのが苦しくなりました。新聞記事とか雑誌記事の量なら、読みやすいんだと思います。あくまで個人の感想です、お許しください。 しかし、日本のメディアがこんな問題を抱えてると認識するには良いと思います。私たちは、メディア自体の選択眼を持つべきなんだけど、ネットメディアも含めないといけないこれからの世の中の読み方は、ますます難しいはず。目の前の子どもたちが、多角的な視点を持てるか否か。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください