嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか

鈴木 忠平

2021年9月24日

文藝春秋

2,090円(税込)

ホビー・スポーツ・美術

なぜ語らないのか。なぜ俯いて歩くのか。なぜいつも独りなのか。そしてなぜ嫌われるのかー。中日ドラゴンズを日本一に導いた異端の将の8年間の闘いを描ききった、「週刊文春」で大反響の傑作ノンフィクション…運命を変えられた12人の男たちの目を通して綴られる、落合博満の実像と中日ドラゴンズ変貌の記録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(62

starstarstarstar
star
4.41

読みたい

38

未読

1

読書中

4

既読

229

未指定

180

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

凍える熱さとまぶしいほどの闇。嫌われた監督が、8年間で作り上げたものとは…

--
1
2021年10月04日

みんなのレビュー (3)

toruo

(無題)

-- 2022年05月12日

特段野球が好きなわけでも中日のファンなわけでもないのだけれどなんとなくタイトルが気になって。8年間ドラゴンズを率いて毎シーズンAクラス、日本シリーズには五度進出し内一回は日本一という押しも押されぬ成績を出した落合さんだけど確かに良く叩かれてたという記憶が野球にそんなに興味のない自分にもあるほどだ。日本代表に選手を出さなかったり、ノーヒットノーラン寸前の投手を交代させたり、ベテランを容赦なく切ったり不可解とも思える守備位置交代を強いたり、それでいてマスコミにはほとんど説明をしないということで好き放題に叩かれていたのだと思う。作者は元々スポーツ新聞の記者だけどエースには程遠く埋草みたいな記事を書いていたのだけど落合さんのことをなんとか理解しようと努力を続けた結果これほどの作品をものにした。落合さんが選手たちに求めたのはプロであれ、ということで戦術的には守りを固めて点をやらない野球に徹するということかな、と思う。その意味では具体的な指示を出さずともライターまでも一流のプロにしてしまったんだな、と思わさせられた。野球にそんなに興味のない自分でもこんなに面白かったのだから野球好きが読んだらたまらないでしょうね。面白かった。おすすめです。

全部を表示

Readeeユーザー

寝不足です。

starstarstarstarstar 5.0 2022年01月13日

まるでミステリー小説を読んだような読後感。 早く野球観たいなぁ。

全部を表示

Readeeユーザー

Twitterにてレビュー記載

-- 2021年11月21日

https://twitter.com/tkmshimada/status/1462352926978961416?t=uBU-KHex35o5aDOvuJxgrA&s=19

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください