鬼の筆 戦後最大の脚本家・橋本忍の栄光と挫折

春日 太一

2023年11月27日

文藝春秋

2,750円(税込)

人文・思想・社会

“全身脚本家”驚愕の真実。『羅生門』『七人の侍』『私は貝になりたい』『砂の器』『八甲田山』『幻の湖』…秘話満載!日本映画史に輝く傑作、怪作はどう生まれたか?決定版評伝。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

8

未読

2

読書中

1

既読

11

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください