藤沢周平 残日録

文春新書

阿部 達二

2004年1月20日

文藝春秋

869円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

病死、死別、子育てー愛別離苦に耐えた藤沢周平。凛烈にして静謐な作品群は、その人生との合わせ鏡でもある。ふるさとの風景、肉親、知己、療養所生活と業界紙勤め、コーヒー、煙草、映画、生まれ故郷の味と方言など約百五十のキーワード解析で浮かび上がる藤沢周平の人間観、死生観、文学観。誠実温厚でちょっぴり偏屈なこの作家の素顔は意外にユーモラスなものだった。ちょっといい話満載の評伝的事典。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください