台湾のアイデンティティ 「中国」との相克の戦後史

文春新書

家永 真幸

2023年11月17日

文藝春秋

1,210円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

台湾のアイデンティティは、中国との「距離感」によって時代ごとに大きく揺れ動いてきた。第二次世界大戦後の国民党政権による一党支配、その下での反体制運動と政府当局による弾圧ー民主化以前の台湾をめぐる政治的争点をはじめとする歴史の結び目を紐解きながら、「人」を起点に描き出す台湾現代史。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

6

未読

4

読書中

0

既読

5

未指定

10

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください