徳川慶喜 最後の将軍

文春文庫

司馬 遼太郎

1997年7月10日

文藝春秋

693円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(23

starstarstar
star
3.8

読みたい

17

未読

16

読書中

5

既読

160

未指定

160

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (3)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2021年11月20日

「二心殿」、「豚一」などの渾名で揶揄された最後の将軍、徳川慶喜についての伝記的小説。元々あまり良いイメージは抱いていなかったが、読後もさほどこのイメージは変わらず、ただフランス好きと多趣味という点でのみ親近感をもつ。晩年については知らないことばかりだったので、非常に興味深く読んだ。 上野寛永寺の僧が慶喜の人相について、王にはなれない、せいぜいが家宰だといったエピソードが印象的。確かに実に多芸多才なひとでなんでもそつなくこなせたらしい。そして雄弁にして名優。ともかく演技は上手だったよう。

全部を表示

あめさと

(無題)

starstarstarstar 4.0 2021年07月10日

「二心殿」、「豚一」などの渾名で揶揄された最後の将軍、徳川慶喜についての伝記的小説。元々あまり良いイメージは抱いていなかったが、読後もさほどこのイメージは変わらず、ただフランス好きと多趣味という点でのみ親近感をもつ。晩年については知らないことばかりだったので、非常に興味深く読んだ。 上野寛永寺の僧が慶喜の人相について、王にはなれない、せいぜいが家宰だといったエピソードが印象的。確かに実に多芸多才なひとでなんでもそつなくこなせたらしい。そして雄弁にして名優。ともかく演技は上手だったよう。

全部を表示

あめさと

(無題)

starstarstarstar 4.0 2021年07月10日

「二心殿」、「豚一」などの渾名で揶揄された最後の将軍、徳川慶喜についての伝記的小説。元々あまり良いイメージは抱いていなかったが、読後もさほどこのイメージは変わらず、ただフランス好きと多趣味という点でのみ親近感をもつ。晩年については知らないことばかりだったので、非常に興味深く読んだ。 上野寛永寺の僧が慶喜の人相について、王にはなれない、せいぜいが家宰だといったエピソードが印象的。確かに実に多芸多才なひとでなんでもそつなくこなせたらしい。そして雄弁にして名優。ともかく演技は上手だったよう。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください