武田信玄 火の巻

文春文庫

新田 次郎

2005年5月10日

文藝春秋

836円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

川中島の大会戦に勝利を得た信玄は、天下に号令する道を一歩一歩確実に歩んでゆく。しかし、長男の義信との仲が思わしくなく、やがて信玄は苦悩のすえ、親子の縁を断つのである。後継者を愛する湖衣姫との間にできた勝頼と決めた信玄は、強敵北条氏を追いおとすために、関東に軍を進め、小田原城に迫る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.6

読みたい

1

未読

5

読書中

0

既読

31

未指定

20

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

mxa

(無題)

starstarstar 3.0 2020年08月14日

次代の3人、武田義信(父への謀反で病死?)、北条氏政(時勢の読み違いで滅亡)、今川氏真(家を滅ぼし歴史的に最悪の評価ながらも、蹴鞠を極め天寿を全う)の対比。誰がましかは意見が分かれそう。駿河攻略と北条との小競り合い、短期的には金山と港が手に入り成功で小気味いいかもしれないが、長期的にはどうなのか考えさせられた。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください