羅生門 蜘蛛の糸 杜子春外十八篇

文春文庫

芥川 龍之介

1997年2月7日

文藝春秋

693円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

小説家の登龍門である「芥川賞」に、その名をとどめる芥川龍之介は、深刻な人生の悩みに耐えながら、機智と諧謔と博識を駆使し、みごとな短篇小説を書き残した。新鮮な抒情、傑出した虚構、そして明晰な文章で、今なお人々を魅了してやまない不世出の天才の代表的作品を、一冊に収めた21世紀への日本の遺産。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstar
star
2.75

読みたい

7

未読

15

読書中

10

既読

27

未指定

50

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください