若きサムライのために

文春文庫

三島 由紀夫

1996年11月8日

文藝春秋

682円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

男の生活と肉体は、危機に向って絶えず振りしぼられた弓のように緊張していなければならないー。平和ボケと現状肯定に寝そべる世相を蔑し、ニセ文化人の「お茶漬ナショナリズム」を罵り、死を賭す覚悟なき学生運動に揺れる学園を「動物園」と皮肉る、挑発と警世の書。死の一年前に刊行された、次代への遺言。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstar
star
3.56

読みたい

3

未読

8

読書中

7

既読

38

未指定

71

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

浅見ヨシヒロ

若きサムライのために

starstarstar
star
3.9 2020年02月13日

『目に見えるものが美しくても、直ちにそれが精神的な価値を約束するわけではない。健全なる精神は、健全なる肉体へと宿る』この文章が、三島のボディビルでの執着につながっているのだと思うと面白かった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください