高丘親王航海記

文春文庫

澁澤 龍彥

1990年10月9日

文藝春秋

561円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

貞観七(865)年正月、高丘親王は唐の広州から海路天竺へ向った。幼時から父平城帝の寵姫藤原薬子に天竺への夢を吹きこまれた親王は、エクゾティシズムの徒と化していたのだ。鳥の下半身をした女、犬頭人の国など、怪奇と幻想の世界を遍歴した親王が、旅に病んで考えたことは…。遺作となった読売文学賞受賞作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.75

読みたい

3

未読

4

読書中

1

既読

10

未指定

9

みんなのレビュー (1)

RinRin

starstarstarstarstar 5.0 2019年02月09日

(無題)

以前、澁澤龍彦の作品集でいくつか読んで面白かったので、改めてオリジナルを読んだ。 おもしろかった。 不思議で甘美な物語が魅力的。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください