鬼平犯科帳(22)

文春文庫

池波正太郎

1992年1月31日

文藝春秋

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

突如、夕闇を切り裂いて疾って来た半弓の矢が、与力・秋本源蔵の頚すじへ突き立ったー。与力暗殺!長谷川平蔵が襲われ、下僕までも殺されている。あろうことか、平蔵の長男辰蔵、さらには娘の嫁ぎ先まで狙われているのだ。敵は何者か?生涯の怪事件に苦悩し、追詰められた平蔵の胸に去来するものは…。久々の傑作長篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

12

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください