火の国の城 上

文春文庫

池波 正太郎

2002年9月3日

文藝春秋

858円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

風呂の客のたくましい躰には傷痕がきざまれていた。(この客どの…もとは武士や)湯女の乳房が、客のあたまの上でおもたげにゆれている。後から入ってきた客がうかべたおどろきの表情に、二人とも気づかなかったようだ。伊那忍びの丹波大介は生きていたー。関ヶ原の戦から五年、きなくさい京で、忍びの血が呼びさまされた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.25

読みたい

1

未読

6

読書中

0

既読

22

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください