自殺のすすめ

文春文庫

渡辺淳一

1986年7月31日

文藝春秋

405円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

死に顔が美しいのはガス自殺と雪の中での凍死である。しかし死ぬ時自分の死に顔まで考えて死ぬものだろうか。もしそうだとしたら死んでいったものが妬ましく腹立たしい。表現作「自殺のすすめ」をはじめ、深夜、病院におし入った暴漢たちと不治の患者の姿を描いた「夜の声」。他に「形見分け」「優しみの罠」など4篇を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください