ダンスと空想

文春文庫

田辺聖子

1986年4月30日

文藝春秋

806円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「ファッションだけでなく、私はこの町に出版文化も興れかし、と願っている。女がノビノビ生きられる町こそ、これからの21世紀の町だと信じている。『ダンスと空想』を書いている間、たえずそのことが、あたまにあった」。神戸を舞台に自由奔放に生活している独身女性の活躍ぶりをいきいきと描く長篇小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください