御宿かわせみ(8 白萩屋敷の月)

文春文庫

平岩弓枝

1989年10月31日

文藝春秋

523円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

兄の神林通之進の使いで、旗本青江但馬の別宅、根岸の白萩屋敷に出掛けた神林東吾は、女主人の顔に残るむごたらしい火傷の痕に一驚するー表題作のほか7篇。美人で人情もろい“かわせみ”の女主人るい、彼女の恋人、剣の達人神林東吾、彼の親友、畝源三郎同心の名トリオが知恵出しあって難事件に立ち向う。異色捕物帳。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

6

未指定

15

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください