文春文庫

吉村昭

1987年4月10日

文藝春秋

682円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

慶長元年暮、こごえそうな寒風のなかを、ボロをまとい、みじめに垢じみて、一様に片方の耳をそぎ落された二十数人が、裸足のまま山陽道を引き立てられていった、長崎で磔に処されるために…。秀吉によって、苛酷に弾圧された切支丹信者の悲劇を始め、歴史に材を得て、人の生を深く見すえた五つの好短篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.08

読みたい

0

未読

3

読書中

1

既読

16

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください