子麻呂が奔る

文春文庫

黒岩重吾

2004年8月31日

文藝春秋

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

雪女のように謎めいたゆきずりの女との激しい恋。だが、その女の正体は!?獣婚を装った殺人事件の背景には?精力絶倫になる秘薬で死者が!…廏戸皇太子(聖徳太子)に命ぜられ、斑鳩の里の難事件を次々と解決していく官人・調首子麻呂の活躍を描く古代ロマン・ミステリエンタテイメントの傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.45

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください