回天の門

文春文庫

藤沢 周平

1986年10月10日

文藝春秋

836円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

変節漢・山師・策士とひとは呼ぶ。清河八郎は今なお悪評と誤解のなかにある。八郎は仕官の途さえ望まぬ、一個の“草莽の士”であった。さらにその時代は、倒幕の機いまだ熟さず、彼は早すぎた志士として生きねばならなかった。郷里出奔から、麻布一ノ橋で凶刃に倒れるまで、この悲劇の孤士の生涯を余すところなく辿る力作一千枚。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstar
star
2.5

読みたい

0

未読

3

読書中

1

既読

12

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください