ある補佐役の生涯 豊臣秀長 上

文春文庫

堺屋 太一

1993年4月9日

文藝春秋

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

豊臣秀吉の三歳違いの弟・秀長は史上類を見ない膨張を続けるその組織のなかで、経歴からいっても実績からいっても、万人が認めるナンバー2でありながら、自らの働きを誇ることなく、常に脇役に徹したまれにみる有能な補佐役であった。激動の戦国時代にあって天下人にのし上がる秀吉を支えた男の生涯を描いた異色の歴史長篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstar
star
2.6

読みたい

2

未読

1

読書中

0

既読

25

未指定

44

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

mxa

(無題)

starstar 2.0 2020年08月13日

確か小学生の頃見た大河ドラマ「女太閤記」、北政所(ねね)と秀長が秀吉を支えて、最終的に天下を取ってしまうドラマでしたが、これで初めて2人の存在を知りました。この本はそれより後に書かれた本で、発売時に読んだ記憶があります。他と比べると、プロジェクト管理とか複式簿記がスパイスになっているのかと思います。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください