回想の江戸川乱歩

文春文庫

小林信彦

1997年5月31日

文藝春秋

440円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

日本の探偵小説のパイオニアである江戸川乱歩。「幻想」「怪奇」といったイメージに彩られた“巨人”の実像を、晩年に接した作家とイラストレーターの兄弟が初めて語り合う対談、エッセイ、小説によって描き出す。資料的価値はもちろん、乱歩が生きた大正・昭和という時代が浮び上る、ファン必読の好著。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください