太公望 上

文春文庫

宮城谷 昌光

2001年4月10日

文藝春秋

836円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

羌という遊牧の民の幼い集団が殺戮をのがれて生きのびた。年かさの少年は炎の中で、父と一族の復讐をちかう。商王を殺すー。それはこの時代、だれひとり思念にさえうかばぬ企てであった。少年の名は「望」、のちに商王朝を廃滅にみちびいた男である。中国古代にあって不滅の光芒をはなつこの人物を描きだす歴史叙事詩の傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.4

読みたい

1

未読

12

読書中

0

既読

144

未指定

38

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください