太公望 中

文春文庫

宮城谷 昌光

2001年4月10日

文藝春秋

836円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

妻子を得て春陰にたたずむ望の胸中には、焦燥あるばかりであった。周公を中心に諸侯は策謀しつつある。しかし独り時代の先を視る望の苛烈な生は、人知れぬ哀しみにみちていた。ひとは己れを超えねばならぬ、あたかも小魚が虹桟を渡り竜と化するように。利に争うものは敗れ、怨みに争うものは勝つ、そしてそれを超えるとは。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.37

読みたい

1

未読

12

読書中

0

既読

138

未指定

37

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください