三国志 第二巻

文春文庫

宮城谷 昌光

2008年10月10日

文藝春秋

737円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

徳政を目指した順帝も急逝し、後漢王朝は外戚と宦官による腐敗を深めてゆく。そのような永寿元年(西暦155年)に、曹操は生まれた。続いて孫堅・劉備が。三十年後、宗教組織・太平道の信者を核に三十六万人が黄巾の叛乱に応じた時、曹操と孫堅は討伐軍に参加、劉備は学問を諦めて無類集団の中心となっていた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.03

読みたい

3

未読

9

読書中

0

既読

32

未指定

42

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください