三国志 第四巻

文春文庫

宮城谷 昌光

2009年10月9日

文藝春秋

737円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

董卓に大敗した曹操は、〓(えん)州を拠点に黄巾軍を味方に引き入れていく。だが徐州の陶謙に父を殺され、仇討ちに徐州へ大虐殺の軍を進めている間、〓(えん)州で叛逆が起き、窮地に追い込まれた。朝廷では董卓が謀殺されたが、董卓軍の将たちが幼帝を奪い合い、帝は都を出て逃亡する。孫堅は急死し、息子の孫策は袁術を頼って揚州へ赴いた。文庫版オリジナル書き下ろし『後漢と三国の仏教事情』(二)収録ー漢の武帝とシルクロードなど。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.7

読みたい

4

未読

27

読書中

0

既読

40

未指定

67

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください