情報なき国家の悲劇 大本営参謀の情報戦記

文春文庫

堀 栄三

1996年5月10日

文藝春秋

737円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

「太平洋各地での玉砕と敗戦の悲劇は、日本軍が事前の情報収集・解析を軽視したところに起因している」-太平洋戦中は大本営情報参謀として米軍の作戦を次々と予測的中させて名を馳せ、戦後は自衛隊統幕情報室長を務めたプロが、その稀有な体験を回顧し、情報に疎い日本の組織の“構造的欠陥”を剔抉する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(9

starstarstar
star
3.78

読みたい

9

未読

15

読書中

2

既読

34

未指定

65

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

つぐさん

(無題)

starstarstar
star
3.9 2020年06月03日

情報を収集、分析する必然性が、日本軍の失敗と比較するように書いてある

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください