離婚新装版

文春文庫

色川武大

2011年11月10日

文藝春秋

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「ことさら深刻ぶるのはよそうぜ」などとカッコいいせりふを吐いてぼくたち二人はおたがい納得して「離婚」したのです。ところがどこでどうなったのでしょうか、ぼくはいつのまにか、もと女房のアパートに住みついてしまって…。男と女のふしぎな愛と倦怠の形を、味わい深い独特の筆致で描き出す直木賞受賞作品。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstar
star
2.9

読みたい

4

未読

3

読書中

0

既読

10

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

とめ

わがままなだめな妻と離婚したが

star
0.8 2023年03月20日

戻ってきた女房を受け入れてしまう。S53年直木賞らしいが何も感じない。時間が経っているから?小説には賞味期限があるものもあるのだと理解しました。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください