収容所から来た遺書

文春文庫

辺見 じゅん

1992年6月10日

文藝春秋

682円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

敗戦から12年目に遺族が手にした6通の遺書。ソ連軍に捕われ、極寒と飢餓と重労働のシベリア抑留中に死んだ男のその遺書は、彼を欽慕する仲間達の驚くべき方法により厳しいソ連監視網をかい潜ったものだった。悪名高き強制収容所に屈しなかった男達のしたたかな知性と人間性を発掘して大宅賞受賞の感動の傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstarstar
star
4.7

読みたい

7

未読

5

読書中

2

既読

21

未指定

23

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2020年10月25日

山本氏の人格が本人の遺書を同僚が記憶にとどめて帰国後家族に伝えることを可能にしたもので、その人格者ぶりは本人が意識せずに身につけたものであり、羨ましい限りだ。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2019年05月24日

山本氏の人格が本人の遺書を同僚が記憶にとどめて帰国後家族に伝えることを可能にしたもので、その人格者ぶりは本人が意識せずに身につけたものであり、羨ましい限りだ。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください