朝日新聞血風録

文春文庫

稲垣武(ジャーナリスト)

1996年6月30日

文藝春秋

492円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

本書は、ソ連、中国、北朝鮮への迎合報道が社内にはびこる中、本当の言論の自由を守るために孤立無援で闘った元朝日新聞記者による痛憤の手記である。90年代の自社連立政権擁護論、戦後決議推進論、オウム問題等々に表れた朝日新聞の報道姿勢についても厳しく精査した最新朝日事情を追記した決定版。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください