切腹

文春文庫

白石一郎

1996年10月31日

文藝春秋

448円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

文化5(1808)年、英国軍艦フェートン号が三色のオランダ国旗をマストからおろし、ユニオンジャックの英国旗を掲げて鎖国下の長崎に入港、三日後には要求した全ての食糧、薪水を獲得して引き揚げた。この国辱的事件の責任をとって切腹した、時の長崎奉行松平康平の無念の最期を描いた「切腹」など異色作三篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください