エブリシング

文春文庫

安野光雅

1994年9月30日

文藝春秋

512円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

エブリシングとは「なんでもや」のこと。縦横無尽に広がる話を詰め込んだ、安野版“話の骨董屋”のオープンです。真面目で滑稽でちょっと人を煙に巻くエッセイ集。机上の初等幾何学が天体運行にまで通用する感動を伝えた「日時計のノート」。テレビ番組で使用した人体模型から紛失したチンなる物の顛末記「紛失物」など23篇収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください