やぶ医者のほんね

文春文庫

森田功

1996年3月31日

文藝春秋

492円(税込)

美容・暮らし・健康・料理 / 文庫

舞台は東京都下の小さな町の診療所。開院して三十年たつので、會祖父からそのひ孫まで四代にわたって患者を診ることもある。さまざまな患者たちと“やぶ医者先生”の触れ合いを通して、医のかたちを浮かび上がらせたユーモアとペーソスの漂う医療エッセイ。楽しく読めて、医学の知識が自然に身に付く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください