やぶ医者のなみだ

文春文庫

森田功

1997年8月31日

文藝春秋

492円(税込)

美容・暮らし・健康・料理 / 文庫

やせほそった老婆の腕をとって、やぶ医者先生は泣いた。こんなつらい仕事がほかにあるだろうか、できることなら誰かにかわってもらえないものか…。高齢化社会にともなう様々な問題、医療は患者に何をなしうるのかを、小さな診療所の生と死のドラマを通して静かな筆で綴った、心あたたまる医療エッセイ集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください