封印

文春文庫

黒川 博行

1996年8月6日

文藝春秋

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ボクサー崩れの酒井は、恩人・津村のパチンコ店で働く釘師。ある日苦情に対応したが、以後査察や業者の取引中止が相次ぎ、何者かに身に覚えのない“物”を渡せと脅迫され、ついには津村が失踪する。大阪中のヤクザが政治家をも巻き込んで探している物とは何か。酒井は封印を破り、自らの拳をふるって立ち向かう。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.78

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

27

未指定

34

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください