放火魔

文春文庫

折原一

2010年2月10日

文藝春秋

586円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

同じ車両の乗客が2人とも殺人犯である確率は1億分の1…。新宿発村上行の快速「ムーンライトえちご」で隣合わせた女性客。彼女の紙袋から漂う怪しいにおいの正体とは(「危険な乗客」)。振り込め詐欺、連続放火、交換殺人etc.日常の裂け目に潜む犯罪を描く、46万部突破の人気シリーズ「-者」スピンオフ短篇集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.55

読みたい

6

未読

10

読書中

2

既読

13

未指定

33

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

イブネコ2035

うん

starstarstar
star
3.8 2022年06月25日

偶然に頼り過ぎているのが少し。 表題作の放火魔が一番かな。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください