鎌倉・流鏑馬神事の殺人

文春文庫

西村 京太郎

2006年9月5日

文藝春秋

523円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

京都の旅館で中年女性が殺され、その知人が東京で殺された。双方の現場に残されていた「陰陽」の墨文字。連続殺人の狙いは何か?容疑者には、鉄壁のアリバイがある。そして、容疑者が参加した鎌倉・鶴岡八幡宮の流鏑馬神事で、「陰陽」のかけ声とともに起る驚くべき事件。十津川警部が大活躍する「祭り」シリーズ第四弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar
star
2.8

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

7

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください