本朝金瓶梅

文春文庫

林 真理子

2009年7月10日

文藝春秋

576円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

江戸の札差、西門屋慶左衛門は、金持ちの上に「今助六」の評判を取る色男で、無類の女好き。手をつけたようじ屋の女房、おきんが、亭主を殺して正妻お月のいる家に乗り込んできたからさあ大変。女に目がない男と、男に目がない女が、くんずほぐれつ、惚れたはれたの大騒ぎ…!著者初の時代小説、いよいよ開幕。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

1

未読

4

読書中

0

既読

8

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください